フィギュアスケート2019/2020

グランプリファイナル出場者と2019/2020年の予定は?日本人選手の今後の見どころは?

グランプリシリーズ2019/2020の第6回大会であるNHK杯(日本)が終わり、あと何回グランプリシリーズ(GS)ってあるの?今年からスケートハマり出したよ!という方にもわかりやすく解説させていただきます!!!

日本人選手は誰が出るのでしょうか?!また、今後のフィギュアスケートの見どころの大会なども合わせてご紹介させていただきます!!!

グランプリシリーズとは

グランプリシリーズは、ISUと呼ばれる国際スケート連盟が承認するフィギュアスケートのシリーズ戦のことです。アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で開催される6大会と、6大会の上位選手が出場する7大会目のグランプリファイナルを含めた総称のことをいいます。

 

現在11月28日の時点ですでに6大会が終わっています!!!

 

2019/2020年のシリーズといいながらグランプリファイナルは2019年12月5から8日なので、年内に終わるということです。



2019/2020グランプリシリーズの予定(終了含む)

シンプルにまとめてみました。

GPS第1戦・スケートアメリカ2019(ラスベガス)

2019年10月18日から20日

 

GPS第2戦・スケートカナダ2019(ケロウナ)

2019年10月25日から27日

 

GPS第3戦・フランス国際2019(グルノーブル)

2019年11月1日から3日

 

GPS第4戦・資生堂中国杯2019(重慶)

2019年11月8日から10日

 

GPS第5戦・ロステレコム杯(モスクワ)

2019年11月15日から17日

 

2019GPS第6戦・NHK杯国際フィギュアスケート国際大会2019(札幌)

2019年11月22日から24日

 

2019/2020年グランプリファイナル(トリノ)

2019年12月5日から8日

 

9月のジュニアグランプリシリーズから12月のグランプリファイナルまでがシーズン前半となります。

よって、現在シーズン前半のクライマックスというところです。

また、11月22日から24日に行われたNHK杯にて出場選手が決定しました。



グランプリファイナルの出場選手(男子)って誰?!

男子選手のSP(ショートプログラム)の滑走順で書かせていただいております。

羽生結弦(日本)

ネイサン・チェン(アメリカ)

アレクサンドル・サマリン(ロシア)

ドミトリー・アリエフ(ロシア)

ケビン・エイモズ(フランス)

ボーヤン・ジン(中国)

ここでやっと!今シーズンの羽入結弦選手とネイサンチェン選手の勝負がみられると言うことで、世界の羽生結弦ファンがかわいいプーさんのぬいぐるみを持って待ち構えるわけですね。

本当に見どころ中の見どころの試合となります!!!

 

日本人で表彰台を占領していたこともありますが、今回は羽生結弦選手のみが日本人。頑張ってください!!!



グランプリファイナルの出場選手(女子)って誰?!

女子選手のSP(ショートプログラム)の滑走順で書かせていただいております。

アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)

アンナ・シェルバコワ(ロシア)

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)

紀平梨花(日本)

アリーナ・ザギトワ(ロシア)

ブレイディ・テネル(アメリカ)

今回、もちろん紀平梨花選手が注目なのですが、ロシアの三強と呼ばれる、

アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)

アンナ・シェルバコワ(ロシア)

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)

がかわいいし美人で凄すぎるので、話題ですよね。

 

紀平梨花さん、アリーナ・ザギトワさんももとってもかわいいのでかわいいフィギュアスケーター勢揃いと言うとことです!

 

4回転時代に入ったロシア勢に紀平梨花さんはどう立ち向かっっていくのでしょうか!とっても気になりますね!



グランプリファイナル後の見どころの大会は?!

もうグランプリファイナルもいよいよ12月5日に迫っているところですが、まだまだ2020年のフィギュアスケートも目が離せませんよ!!!

全日本フィギュアスケート選手権2019

12月18日から22日

四大陸フィギュアスケート選手権2020

2月3日から9日

チャレンジカップ2019(日本人がよく出場する大会)

2月20日から23日

世界フィギュアスケート選手権2020

3月16日から22日

 

特に最後の世界フィギュアスケート選手権は誰でも出られるわけではありません!!!エントリーできるわけでもありません!!!

 

ドキドキの選考により、大会出場者が決定!!!男女ともに三人の選手が選ばれ、出場することとな理ます。

1人目

男女ともに全日本選手権優勝者

 

2人目

①全日本2、3位

②グランプリ・ファイナル上位2人

③全日本終了時の世界ランキング上位3人・・・のいずれかを満たす中から選考

 

3人目

①2人目の選考基準を満たした選手

②全日本終了時のシーズン世界ランキングかシーズン最高点の上位3人・・・のいずれかを満たす選手から選考



最後に

グランプリシリーズが終わったからと言って、フィギュアのシーズンが終わった。。。なんてことはありません。

 

世界選手権の選考基準ともなるGS(グランプリシリーズ)です。

 

よって、やはりGS最後の大会がクライマックスですよね。

 

まだまだ本調子でない選手も、(宇野昌磨選手、頑張って!!!)今調子がいいけど(さすが羽生選手。自己ベスト更新、ライバルネイサン選手より高得点で優勝)まさかの2020年入ったら。。。なんてことにならないようにお祈りします。

日本の選手の方々、張ってください!!