お役立ち

群馬県全国旅行支援短い理由はなぜ?延長になった原因も紹介!

群馬県全国旅行支援短い理由はなぜ?対象外の原因も紹介!
Pocket

今回は群馬県全国旅行支援短い理由はなぜ?延長になった原因も紹介!ということでお伝えしていきます!

群馬県だけ全国旅行支援の対象が10月末までで大混乱してますよね。。。

他の県は12月20日までなのに。。。

いっそ対象外としてくれていたら予約しなかったのに!!!という悲痛の声も上がっていました。

では、いったいなぜ群馬県だけが全国旅行支援の期間が短いのでしょうか?11月、12月が対象外になってしまった原因も!お調べさせていただきましたのでどうぞご覧下さいね☆

 

群馬県全国旅行支援短い理由はなぜ?

群馬県だけ10月末までになっている理由なのですが、

10月10日までが対象となっていた県民割の予算がなくなってきたので、大臣に許可もらって新たにGoTo予算を前借りした結果、全国旅行支援の予算に不安が出てる残れば11月も延長するだろうけど

続いて、愛郷ぐんまプロジェクトについてご報告したいと思います。
現在、第4弾を実施している愛郷ぐんまプロジェクトの今後の中身について、内容が決定いたしましたので、発表させていただきます。

過日、国が5月31日までの期間延長を発表いたしましたが、群馬県として、愛郷ぐんまプロジェクト第5弾を実施することといたしました。期間は大型連休を除いて、5月9日(月)から5月31日(火)までとさせていただきます。
また、今回から福島県にお住まいの方も割引対象に追加をすることといたしました。これで、これまで行ってきた隣接県及び地域ブロック内の8県を含め、9県との相互利用が可能ということになります。

この件については、先週20日に斉藤国土交通大臣に対して、県民割事業への財政的支援などに関して、直接要望してまいりました。
その結果、一昨日、GoToトラベル分として、配分されている予算を県民割事業に活用できるということになりました。
本県の要望趣旨にご賛同いただいた、岩手県、石川県、福井県、長野県の各県知事に厚くお礼を申し上げたいと思います。併せて、政府、国土交通省の迅速な対応にも感謝を申し上げたいと思います。
なお、今後感染が再拡大した場合には、事業途中で中止する可能性もありますので、その点はご理解をいただきたいと思います。

それでは、今回の第5弾の内容についてご説明をしたいと思います。スライドをご覧ください。
今回、第5弾の実施にあたり、相互利用している他県と同じ内容に統一することといたしました。これは、利用者、事業者の双方より、「制度が分かりにくい」という声があったからです。

まず、割引対象についてです。
割引対象となるのは、3回目のワクチン接種が完了した方、検査で陰性となった方、またそれらの方と同居する11歳以下の子どもということになります。
ワクチンについては、3回目を接種した当日から(割引の)対象とさせていただきます。検査については、現在、身近なドラッグストアや薬局などで、十分な検査体制が整備されております。無料で受検可能な抗原定性検査等を活用してもらうことで割引をご利用いただけます。ぜひご活用いただきたいと思います。

続いて割引額です。
宿泊代金が1万円以上の場合は5千円を、6,600円以上1万円未満の場合は3千円を割引させていただきます。以上が制度の内容です。

なお、利用方法に関してはこれまでと同様です。事前の手続きは不要です。割引対象施設にチェックインされるときに、身分証明書、ワクチン接種歴等を提示の上、申込書に記入いただくことになります。
ワクチン接種歴に関しては、ぐんまワクチン手帳あるいは国の接種証明書アプリ、または紙の接種済証にて確認をさせていただきます。PCR検査や抗原検査を受けられた方については、陰性の検査結果通知書によって確認をさせていただきます。以上が利用方法です。

ご旅行の際には、何度も申し上げておりますが、基本的な感染防止対策の徹底をお願いいたします。
また、ご旅行を計画するにあたっては、いつも一緒にいるご家族とか仲間など、可能な限り少人数でのご旅行をお願いいたします。
加えて、なるべく平日にご旅行いただく等、混雑を避けた分散利用にも、できる限りのご協力をお願いしたいと思います。
ぜひ、多くの県民の皆さまに、感染防止対策を徹底していただいた上で、この愛郷ぐんまプロジェクトを活用していただけると、大変幸いです。

群馬県全国旅行支援延長になった原因も紹介!

 

まとめ

群馬県全国旅行支援短い理由はなぜ?対象外の原因も紹介!

群馬県全国旅行支援短い理由はなぜ?

では

群馬県全国旅行支援延長になった原因も紹介!

では