フィギュアスケートロシア女子選手

カミラワリエワは4回転を跳ぶ?!ピカソの玉乗り少女と美しいキャンドルスピンについて!

カミラワリエワ選手は4回転ジャンプができる新星ロシア女子で話題です!

美しすぎるキャンドルスピンなども含め、

演技構成はどんなものになっているのでしょうか!

そして、2019/2020年シーズン玉乗り少女SP(ショートプログラム)って何?!ということでいろいろ調べてみました!

カミラワリエワは4回転ジャンプとトリプルアクセルも跳べる?

カミラワリエワ選手はロシア女子の現在はジュニアの選手で、

とても注目が高い選手です。

というのも、

2019年のジュニアグランプリファイナル

優勝したからです!

しかも、

ジュニアグランプリシリーズロシア杯

ジュニアグランプリシリーズフランス杯

でも見事1位を取っているのです!

(そりゃファイナルまで行けるわ。。。)

今シーズン、2019/2020年シリーズから

ノービスからジュニアに上がってきたばかりなのに、

向かうところ敵なし、

というところでしょう。

そんなカミラワリエワ選手

4回転ジャンプが跳べるのでしょうか?

現在公式の大会で着氷させている4回転ジャンプ

4回転トゥループ(4T)

です!

ジュニアの大会ではSP(ショートプログラム)には

4回転ジャンプは入れることができないので、

現在はまだFS(フリースケーティング)での

4回転ジャンプしか見ることができませんが、

これはシニアに上がってきたときの

SP(ショートプログラム)の構成がとっても楽しみですね!

では、トリプルアクセル(3A)は?

というところですが、

現在はまだトリプルアクセル(3A)は跳べない

ようです。

しかし、

カミラワリエワ選手はなんと3歳の頃からスケートを始めた

天才と言っても過言ではないほどの

フィギュアスケーターなのです!

4回転サルコウやトリプルアクセルが跳べる日も遠くはないのではないでしょうか!

ちなみにカミラワリエワ選手の同じ門下生で

コーチ、トゥトベリーゼコーチについている先輩方は、

4回転ジャンプができすぎて羽生結弦選手と同時ジャンプに成功した

アレクサンドラトゥルソワ選手

トリプルアクセルができてグランプリファイナル1位

アリョーナコストルナヤ選手

衣装チェンジで話題の

アンナシェルバコワ選手

こんなすごい先輩たちと、さらにザギトワ選手も同じ門下生なんです!

うまくならないわけがない!!!

シニアのプログラムに向けてさらにジャンプを強化してくることに間違いないと思います!!!

カミラワリエワが玉乗り少女って何?

カミラワリエワ選手で検索をしていると、

玉乗り少女

というワードが引っかかってきます。

なんのネタ?!か気になったので調べてみました!

カミラワリエワ選手のSP(ショートプログラム)

「玉乗りの少女」

と名付けられているのです!

プログラムの使用曲

映画『クリムゾン・ピーク』

で用いられたフェルナンド・ベラスケス氏の音楽なので、

別名、という感じで呼ばれているSP(ショートプログラム)の名前だそうです。

カミラワリエワ選手は

今季2019/2020年のジュニアグランプリシリーズモスクワ杯で一躍脚光を浴びたのが、

プログラム「玉乗りの少女」

だったのです。

元の絵はどんなんなの?って!

こちらです!

ピカソの絵、左の人物が

玉乗り少女

なんです。

本当そのまんまですよね!

トリプルアクセルやジュニアでは入れられない4回転ジャンプは入っていませんが、

3回転フリップダブルアクセル

そして3回転ジャンプと3回転トゥループの連続技を決め

SP(ショートプログラム)、FS(フリースケーティング)

共に1位で堂々の優勝を飾ったのです!

ちなみに、トゥトベリーゼコーチが最高のプログラムと評価していて、

ロシア3人娘のプログラムよりも完成度が高い、

ということで話題になりました。

実際にトゥトベリーゼコーチが投稿したInstagram(インスタグラム)の投稿がこちらでした!

最高のプログラムなので難易度はかなり高いので、

実はグランプリシリーズでも

SP(ショートプログラム)の時点で1位だったのは

ロシア(モスクワ)大会だけではあったのですが、

極めたいプログラム、

とうことで昨シーズンからの持ち越しで、

今シーズンさらに磨きがかかった演技となったのです。

また、カミラワリエワ選手のプロフィールがこちらになっております!



カミラワリエワの美しすぎるキャンドルスピンとは!

カミラワリエワ選手は

ジャンプだけでなく表現力もすごい

と話題です。

ロシア三人娘の中では

グランプリファイナルで優勝したアリョーナコストルナヤ選手が抜群の表現力で紀平梨花選手を上回ったことでも有名になりました。

また、トリプルアクセルはできるけど、

4回転ジャンプができない

アリョーナコストルナヤ選手が優勝したことで、

やはり表現力がとても重要であり、

まだ女子フィギュアでは4回転ジャンプがなくても優勝することができる、

とうことが証明された大会でもあったのです。

それに劣らない表現力を持っているのがカミラワリエワ選手なのです。

しかも、

さらに、

キャンドルスピンが凄すぎるーーーー!!!

と話題なのです。

キャンドルスピンの代名詞とも言われているのが

リプニツカヤ選手でしたが、現在は引退をされています。

その現代版が、

なんとカミラワリエワ選手だと言われているのです!

カミラワリエワ選手

キャンドルスピン画像がこちら!

そしてこちらがリプニツカヤ選手

キャンドルスピン!

どうですか?

かなりセクシーすぎますが。。。(え、そっち?)

軟体動物なの?

同じ人間?!

という疑問さえ出てきてもおかしくない画像の紹介でしたが、

どれだけカミラワリエワ選手がすごい選手かわかっていただけましたか?

さらにたくさんかわいいカミラワリエワ選手の画像を紹介しているのはこちらになっております!

北京オリンピック出場枠をかけて戦う選手の1人になることは

確実なカミラワリエワ選手。

今後さらに目が離せませんね!