フィギュアスケート日本女子選手

最新版!紀平梨花の4回転ジャンプ成功動画!(2020/5/2更新)左足骨折の怪我が原因で勝てない?

紀平梨花選手がロシア女子に勝てないシーズンとなってしまった2019/2020年シーズン

コロナの感染拡大を防止するために世界選手権も中止となり、グランプリファイナル以降のロシア女子との直接対決ができず、とても残念でした。

グランプリファイナルではロシア3人娘が表彰台を独占。

4位が紀平梨花選手。悔しい思いだったでしょう。もし世界選手権が開催されていたらどうなっていたんだろう。

やっぱりシーズン序盤の左足の怪我が影響があったのでしょうか?というところ、調べさせていただきました!

紀平梨花の左足の怪我の現在の状態は?完治している?骨折していた?

紀平梨花選手は2019年の2月、四大陸選手権の前には左薬指(手)の突き指の負傷、9月のオータムクラシック前に左足を負傷してしまっています。

紀平梨花 骨折

と検索ワードが出てくるのですが、

実際骨折はしていなかったようです。



現在左手薬指の突き指の方に関しては完治しており、影響はない、ということがわかっているのですが、2019年の3月にあった世界選手権では4位に終わってしまったことから、指の不調によりバランスがしっかりと保てなかったり、自分の演技が完璧にできなかったのだと思われます。

足に関しては今シーズン(2019/2020)終わりましたが、痛みが続いていたようす。

とくに、ルッツを飛ぶ時に痛みが出ることがあるとのことで、グランプリシリーズへのスタートに不安があったと話していました。

症状としては、

長引いていることから腱を痛めている

という見立てだったようです。

現在、紀平梨花選手の左足の怪我の状態はどのような状態なのでしょうか!

「ノーミスのためには、たとえ痛みを長引かせても完璧を目指して練習した方がいいと思う。シーズンが終わってから休もうと思っている」

Sponichi Annex記事より

世界選手権も出場予定でしたがコロナで直前に中止されてしまったので、現在は紀平梨花選手は休養をとられているかと思います。

そんな、左足が痛い状況で4回転ジャンプ(4回転サルコー)の習得に力を入れていました。本当に強靭な選手だなーーーって思います。

2019年11月の時点ではトリプルアクセルを跳ぶ時には痛みが出ないけど、

ルッツジャンプをするときに痛みが出る、とのことでした。

そして、

2020年2月にあった、

四大陸選手権大会にて、

紀平梨花選手が1位優勝となり、

ずっとトリプルアクセルばかり注目されていましたが、得意であった

トリプルルッツを成功させ、ショートプログラムから1位独占だった、ということで、

左足の痛みを全く感じず、久しぶりに何も考えずに跳ぶことができた

と話していました。

よって、

現在は怪我は完治した

と考えて間違いないでしょう!よかったです。

さらに現在はオフシーズンですので、(2020年4月現在)

さらなるメンタルケアであったり、左足の不調の完全な解消を目標に、

シーズン明けの4回転サルコウを見れることを祈ります!



紀平梨花がロシア女子に勝てない理由は4回転サルコウ成功してないから?

紀平梨花選手は2019/2020年シーズンがシニア2年目で、日本のエースとして活躍していますが、昨シーズンは世界選手権以外負けなしの女王でしたが、2019/2020年シーズンはロシア女子に負けて。。。全ての演技を成功させても勝てない!

という結果になってしまいました。

もはや、2019年の世界選手権の1〜3位の選手は

アリーナ・ザギトワ

エリザヴェート・トゥルシンバエワ

エフゲニア・メドベージェワ

で、この3人に続いて4位だったのが紀平梨花選手だったのです。

もはや、もうこの3人。。。

2019/2020年全然活躍してないよ!っていうところ。

2019/2020年シーズンは誰が活躍した?というのが、

ロシア3人娘である

アンナシェルバコワ選手

アレクサンドラトゥルソワ選手

アリョーナコストルナヤ選手

が表彰台独占だったんですね。

3人は2019年の世界選手権の女王であるアリーナザギトワ選手の後輩の3人なんです!

ロシアは完全に世代交代したってこともあり、アリーナザギトワ選手は選手活動休止にまでおいやられてしまい。。。

実際には四大陸選手権の時は紀平梨花選手の怪我がほぼ完治している状態だった、というところから、

それまでは左足の腱を痛めたところに不調を感じていたので、

本調子でない状態で紀平梨花選手はグランプリファイナルに挑んだことになるのです。

よって、やはり怪我が一つの敗因になった、

その怪我が原因で3回転ルッツを封じるしかなかった、という点で

ロシア女子に勝てる状態ではなかった

と言った方が正しいのではないでしょうか。

本当にそれだけ?3回転ルッツを構成に組み込んだら勝てたかもしれない?!

という疑問にかんしては世界選手権が中止になってしまったので最後までわからない、ということになってしまいました。

では、グランプリファイナルのロシア女子3人の点数と優勝した四大陸選手権の紀平梨花選手の点数を比較してみましょう!

グランプリファイナルの結果

アリョーナコストルナヤ選手 247.59点

アンナシェルバコワ選手 240.92点

アレクサンドラトゥルソワ選手 233.18点

で、

四大陸選手権の結果

紀平梨花 232.34点

え。。。

事実を受け止めたくない。。。

ルッツジャンプをしっかり決めても、まだダメなのか。

だから、

4回転サルコーが必要

ということがわかりました。

4回転ジャンプ

が成功できない限り、3人を追い抜くことはできないのです。。。

現在はアメリカでのトレーニングを積んでおり、

来シーズンの4回転サルコウの成功

に一歩づつ近づいてはいるようです。



紀平梨花は4回転ジャンプ(サルコウ)成功の動画まとめ!

紀平梨花選手は実際に4回転ジャンプ、4回転サルコウは跳べるのでしょうか!

実は

現在アメリカでの練習で

4回転サルコウに何度も成功している

との情報が!

今後の成功が期待されますね!

ヴィンセント・ジョウ選手

と同時に4回転サルコウに成功したと話題のInstagram(インスタグラム)の投稿がありました!



続いてこちらは2020年のグランプリシリーズNHK杯の直前の練習での動画です!

一度目は失敗してしまうんですが、2回目は見事に成功!

本当に成功するか、フリープログラムにも入れてくるのか?

と思われたのですが、

ノーミスを目指している紀平梨花選手の選択は、3回転サルコウにすることでした。

本番で見られなかったのが前年でなりませんが、紀平梨花選手のことだから、本当に完璧を目指しているのでしょう!

そして、グランプリファイナルは練習では完璧に3回着氷したことから、直前までプログラムに入れるか迷われたそうですが、このとき紀平梨花選手なのに、ショートプログラムでは6位に終わってしまっている、さらに上位3人のロシア3人娘は絶対に4回転ジャンプをする、もはや、4回転サルコウが成功しないと表彰台は絶対に上がれない、この状況が、紀平梨花選手を挑戦に導いたのです。

4回転サルコウの成功には至りませんでしたが、

大きな一歩を踏み出したと言われていました!



紀平梨花が4回転ジャンプ(サルコウ)をチャレンジカップ で跳んだ?

紀平梨花選手はグランプリファイナル(GP)という大きな舞台で4回転サルコウにちょうせんしましたが、失敗に終わってしまって、結局、2019/2020年のシーズンはそのグランプリファイナルの挑戦だけで終わってしまったのです。中止になってしまいましたが、世界選手権では4回転サルコウを成功させないと、優勝はできない、表彰台も難しい状況、という中で、紀平梨花選手の調整試合という意味で出場したのがチャレンジカップ だったのです。

でも、挑戦しなかった。

なぜ、紀平梨花選手はほぼ優勝するのが確定の大会でも4回転ジャンプを回避しているのでしょうか?

それは、チャレンジカップ構成からも理由がわかります。

紀平梨花選手のチャレンジカップ の構成は以下になります。

また、()内は基礎店で、その隣が出来栄え点が加算された実際の点数

(1)3回転サルコー(4.30)5.50

(2)3回転半+2回転トーループ(9.30)11.38

(3)3回転ルッツ(5.90)7.32

(4)3回転半(8.00)10.08

(5)3回転フリップ+3回転トーループ(10.45)11.62

(6)3回転ルッツ+2回転トーループ+2回転ループ(9.79)10.97

(7)3回転ループ(5.39)6.57

4回転サルコーを入れるなら、1個目のジャンプで入れることになります。

で、その後トリプルアクセルの連続ジャンプが待っているのです。

4回転サルコーで転倒してしまった時の大量の消耗が大きくなってしまった場合、

その2回目のジャンプでトリプルアクセルを飛ぼうとすると紀平梨花選手ほどの選手でもシングルになってしまうこともあるそうです。

てかてか、よく考えてください。

トリプルアクセルもできて、4回転ジャンプもできる選手、いないんですよ。。。

ロシア3人娘でも、両方できる選手はいません。

アリョーナコストルナヤ選手

トリプルアクセル

アンナシェルバコワ選手

アレクサンドラトゥルソワ選手

4回転ジャンプ

と棲み分けができてる、という感じになっているんですよ!

それぞれのプロフィールは選手名クリックからどうぞ!

よって、どっちもできるとなるとすごすぎるってところなのです!!!

やはり、紀平梨花選手のこだわりとしては、

フリーの演技の中で2回のトリプルアクセルを成功させることが大切なのです。

それが崩れてしまっては意味がない、という話らしいのです。

なんか、紀平梨花選手がトリプルアクセルできるのは当たり前、って思われてる方々も多いと思いますが、それは紀平梨花選手のプライドが成功に導いているのと、日本の観戦者のために、というプレッシャーの中で自身がないのに4回転ジャンプを跳ぶ、というのではないのです。

万全の体勢で挑めるときは、4回転サルコーを成功させてくれるでしょう。

その時をじっとわたしたちは待つべきなのです。



紀平梨花は実は2017年3月に完璧な4回転サルコーを跳んでいた!

紀平梨花選手は実は2017年の3月に4回転サルコーをすでに跳んでいました!

その証拠動画がこちら、姉の萌絵さんがアップしていたTwitter(ツイッター)にありました!

こちらには私も驚きました!

まさか3年前から降りてたんですね。。。

それでも大会で出さない紀平梨花選手。

そうとう完璧な4回転サルコーを披露できるまで試合でださないのでしょう。

というか、

4回転ができるから3回転が完璧にできるのでしょう。

あーーーーー!!!早く次のシーズンの紀平梨花選手が見たい!



最新版!4回転サルコー成功動画!2020年5月2日更新

紀平梨花選手がコロナによる外出自粛で元気を失ってる日本国民のみなさんに対してメッセージを贈ってくれています!

公益財団法人日本スケート連盟の公式ツイッター(Twitter)でのメッセージとなっております!

こちらが最新の4回転サルコーの成功動画となっております!

なんでも、世界選手権前の練習風景とリンクでの練習の様子を動画にしてくれたんだとかで!

世界選手権に向けてしっかり練習してきた紀平梨花選手にとって今回のコロナの騒動というのは私のような一般人なんかよりもはるかにショックな出来事だったろうに、応援のメッセージをくれるなんて、、、

涙が出ますよーーーーーー!

これからも紀平梨花選手をしっかりと応援し続けていきたいと思います!