フィギュアスケート男子アメリカ選手

スーパースラム達成!羽生結弦でいられるプログラムはやはりバラード1番とSEIMEI!

四大陸選手権で羽生結弦選手が堂々の優勝を飾り、スーパースラム(スーパーグランドスラム)達成しました!スーパースラムって何?というところから今回羽生結弦選手がどれだけすごい演技をしたか!という点を合わせてご紹介させていだだきます!

羽生結弦選手がスーパースラム(スーパーグランドスラム)達成!

羽生結弦選手が四大陸選手権で優勝し、

スーパースラムを達成しました!

おめでとうございます!!!

また一つ羽生結弦が伝説を作りましたよ笑

羽生結弦選手は満足行っていない演技にはなってしまったところではありましたが、準備期間も短かったし。。。というところもあるので、

今回は致し方ない!!!

世界選手権に向けての今回、四大陸選手権だった、ということで、世界選手権で完璧な

SEIMEI

を見せてもらいましょう!!!



神降臨ですよ笑

やったーーーーー!!!

でもねでもね、

スーパースラムっていったい何?という方も案外まだまだいらっしゃるのでは?と思い、

Wikiさんで調べらせていただいた結果、

フィギュアスケートの

生涯グランドスラム(キャリアグランドスラム)

には

グランドスラム

スーパーグランドスラム

の二つがあって、テニスやゴルフには

グランドスラム

という名前の大会が存在していたりするんですが、

フィギュアスケートにはこのような名前の大会は存在しないので、

生涯グランドスラムという呼ばれ方になるのです!

で、そのスーパースラム(スーパーグランドスラム)

ジュニアの世界選手権

ジュニアのグランプリファイナル(JGPF)

シニアのオリンピック(五輪)

世界選手権

グランプリファイナル(GPF)

四大陸選手権(もしくは欧州選手権)

を合わせた6冠を、キャリアの中で完全制覇することです!

こちらに詳しく書いた記事を載せておくので、もっと詳しく!という方は是非ご覧ください!

そして、今回羽生結弦選手は四大陸選手権が3年ぶりに四大陸選手権に出場し、

見事優勝を果たし、スーパースラム達成!に至ったのです!

ちなみに、今までの羽生結弦選手の1位になった回数をご紹介します!

ジュニアの世界選手権 1回

ジュニアのグランプリファイナル(JGPF)1回

シニアのオリンピック(五輪)2回

世界選手権 2回

グランプリファイナル(GPF)4回

四大陸選手権(もしくは欧州選手権)今回初めて1位

四大陸選手権は今までに2位に3度もなっていたのに、実はなかなか1位にはなれてなかったんですよね。

ちなみに2位になった時、誰に負けたんだろうって気になりません?!

その3回の準優勝の時の優勝者を挙げさせていただきます!

2011年

高橋大輔選手

2013年

ケヴィン・レイノルズ選手

2017年

ネイサンチェン選手

2017年の時点でネイサンチェン選手とのあつき戦いは始まっていたのですね。

そして2018年のオリンピックではネイサンチェンはまさかの5位という結果。

しかし、それから今までネイサンチェン選手は出場した大会で全て優勝しています。

今回ネイサンチェン選手が出場しなくて本当によかった。。。としか思えませんが、

これからの世界選手権大会が楽しみで仕方ないですね!

スーパースラム(スーパーグランドスラム)はキムヨナのために作った?!

スーパースラムすごーーーーい!ってなっているし、私自身もとっても嬉しいんですが、

違和感を覚えている方も少なくない、という話を耳にしました!

というのは、

スーパースラム(スーパーグランドスラム)の6冠達成って、

ジュニアの世界選手権

ジュニアのグランプリファイナル(JGPF)

シニアのオリンピック(五輪)

世界選手権

グランプリファイナル(GPF)

四大陸選手権(もしくは欧州選手権)

で、ジュニアの大会も含まれてるんです。

それが、キムヨナを称えるための称号だったのではないか?



と言われているそうです。

ちょとまって、

キムヨナこんなに可愛かったっけ?

って、いったんそこは置いておきましょう笑

しかも、アリーナザギトワ選手もスーパースラム達成してるんですが、全然報道されていなかったんです。

ただ、今回羽生結弦選手は

男子で初のスーパースラム達成者

となるので、キムヨナ並の報道になったのかもしれません。

浅田真央さんがフィギュアスケートで不利になるように大会のルールを改定された!と話題になったこともありました。

韓国のフィギュアスケート連盟が強いんでしょうね。

しかも、今回の四大陸選手権でトリプルアセルの加点がユヨン選手が紀平梨花選手とほぼ同じであったことも話題になりました。

ちょっと私は採点者でもないので、どこがどう、とか、ゆっくりしっかり観察することはできていませんが、

紀平梨花選手のトリプルアクセルは最高峰

国宝品ですよ!笑

ユヨン選手も紀平梨花選手のトリプルアクセルを目指して練習していると話しています。

同じ加点。。。。って?!

ちょっと、ん?!

と思う方もいるかもしれませんが、

羽生結弦選手がすごいことを成し遂げたには変わりないので、とりあえず歓喜!

Origin(オリジン)は破壊の神?SEIMEIは羽生結弦でいれる曲!

羽生結弦選手の2019/2020年シリーズの使用曲(音楽)は

SP(ショートプログラム)

秋によせて

振付師

ジェフリー・バトル

でした。

また、

FS(フリースケーティング)は

Origin(オリジン)
Art on Ice

振付師

シェイ=リーン・ボーン

でした。

それを、この四大陸選手権から

2017/2018年に使用し、

平昌オリンピックで見事優勝に輝いた、

バラード第1番ト短調

SEIMEI
映画『陰陽師』サウンドトラックより

に戻す!

とう選択をしました。

実はこの二曲の選曲は2014年から2016年にかけても使用していたので、

すでに3年使ってきた曲をもう1度使う、という選択をしたのです!

多分、羽生結弦選手にしかできない選択だと思うんです私笑

だって、他の選手は正直申して羽生結弦選手よりは人気は。。。

ないですよね泣

だから、

もーーー、またこの曲でするの?

ってなってもおかしくないと思うんですよね。

羽生結弦選手も自分でわかっているとは思うんです。

でも、

2019年の全日本選手権大会でついにオリジンで惨敗のフリーを滑ってしまい、

本当、羽生結弦が羽生結弦でいられない。と感じたそうです。

というか、

羽生結弦といないといけない、と思って演技をしているらしいです。

そりゃーーーーーー

すごいプレッシャーですよね!

そして、2019年の全日本選手権大会後の

メダリストオンアイスで

SEIMEI

を演じ切った後に、

羽生結弦になろうとしなくても羽生結弦でいられる曲

とSEIMEIに後押ししてもらった、そんな感覚があったそうです。

自分には今オリジンじゃない。。。と。

そして、

ファンの方々の間からは

Originは破壊の神

と呼ばれるようになったのです。

正直、全日本選手権大会の羽生結弦選手、今までに見たことない姿で、

羽生結弦選手のせいにしたくない、目を覆いたい、

そんな気持ちで私も演技を見ていました。

もう、オリジンのせいにしちゃえ!!!って思っちゃいますよね!

バラード1番は羽生結弦1番!美しすぎる演技に感動!

四大陸選手権で

バラード第1番ト短調

を復活させました。

羽生結弦とう名のSP(ショートプログラム)!

にふさわしいバラード第1番ト短調

を見せてくれました!

今回

111.82

という世界最高得点を叩き出し、

SP(ショートプログラム)堂々の1位発進となった四大陸選手権でした。

全てのジャンプが完璧で、

演技そのものが一つの作品で、

美しい美術品でも見ているような、

そんな感覚になったSP(ショートプログラム)でした!

まさに、何度も言いますが、

羽生結弦という名のSP(ショートプログラム)!!!

全日本選手権大会で実況者の方が興奮のあまりこの発言をしてから耳から離れません笑

いい反応ですよね!笑

また、演技後に羽生結弦選手の大好きなプーさんが

もう数え切れないほど投げ込まれました。

そのプーさんを、リンクの端に寄せ、

少しでも早くに次の選手がリンクインし、調子の確認ができるよう、回収を手伝っていたシーンがありました。

実況者のジテレビアナウウンサー西岡孝洋さんがしきりに

とっても珍しいシーンです!

とこれまた興奮を隠し切れない実況をされており、面白かったですね笑

4回転半(4回転アクセル)よりも今はフィギュアスケートがしたい羽生結弦

羽生結弦選手の選手生命の中での目標の一つに、

4回転半(4回転アクセル)ジャンプ

がしたい、という目標があります。

四大陸選手権では、いったん自分のフィギュアスケートがしたい

と明かした羽生結弦選手。

Origin

で、

4回転半(4回転アクセル)ジャンプ

にこだわるあまり、自分を見失っていた部分があったのかもしれませんね。

羽生結弦でいられる曲、

SEIMEI

で最高の演技をして、

世界選手権で

ネイサンチェン選手を倒せる羽生結弦

を作り上げて欲しいなって思います。