メディア

PICUドラマは北海道の実話?モデル医師植田育也の経歴も調査!

PICUドラマは北海道の実話?モデル医師植田育也の経歴も調査!
Pocket

今回はPICUドラマは北海道の実話?モデル医師植田育也の経歴も調査!ということでお伝えしていきます!

10月8日にスタートした吉沢亮さん主演の「PICU 小児集中治療室」は初回放送視聴率10%台の好発進となり、話題ですよね!

私も見ましたが、急展開でまさかの展開、ショックすぎて、号泣でした。。。(ネタバレは控えさせていただいております。)

ドラマだったらこうなるだろう、という展開が全て覆された感じで、衝撃でした。

だからこそリアルすぎる。。。

と思ったんですよね。

そこで今回のPICUドラマは北海道の実話?モデル医師植田育也の経歴も調査!ということでお伝えしていきますね!

 

PICUドラマは北海道の実話?

実は「PICU 小児集中治療室」は実話でもモデルがあることが発表されました!

ただ、ドラマ自体は小説や漫画などはなく、完全オリジナルストーリーです!

安田顕さんが演じるPICUの科長は実在の人物、

埼玉県立小児医療センターの植田育也先生をモデルにしているとのことです!

PICUのパイオニアの一人である植田育也先生は、医師になって4年目に渡米して小児集中治療に従事したそうです。

そこで、日本にはない小児医療の最先端の技術、現場の状況を目の当たりにし、これは日本でも広げなければ!!!

と帰国後にはそれまで臓器別に専門家されていた日本の医療体制の中に、新しく救命治療に特化した集中治療の分野を持ち込んだそうです。

植田育也先生は日本各地でPICU開設に尽力し小児集中治療の基礎を築いた第一人者として知られています。

 

ドラマ「PICU 小児集中治療室」では、

植田育也先生が日本でPICUの設置に奔走した姿と、

PICUが置かれた現実が丁寧に表現されていると評判で、

看護士と医師不足、過酷な現場、小児医療に真摯に向き合う医療従事者の姿と、病に立ち向かう子どもたちのけなげな姿がドラマの見どころとなります。

「PICU 小児集中治療室」のドラマの丘珠病院は川崎市多摩病院での撮影となっています。

実際に北海道で撮影てしているわけではないのと、北海道での植田育也先生の経験ではないということがわかっています。

北海道での小児の治療が難航していたことはおそらく

北海道立子ども総合医療・療育センターのPICU室での話と植田育也先生の経験も絡めているのではないかと思われれます。

どこの病院もこんな感じだとは思いますが、ドラマのPICU室とかなり似ていますよね!

子どもとその家族をケアするために、医療と行政が連携して誕生したPICU。

ドラマ内では、その裏で複雑に絡み合う大人の事情も描かれていくそうです。

こんなリアルなドラマすごすぎる、、、と思って視聴していたら実話だったなんて。。。

1話で助からなかったお子さんのご両親のことを考えると本当に心が痛いし、そんな事があったからことご両親はこのドラマを描くことに対してもぜひにと許可をいただいたんだろうなと思いました。

実際に助けらなかった植田育也先生の経験が描かれているということは、そういうことですよね。

どれだけ熱意が込められたドラマなのかがわかります。

これは、ドラマではなくもはや情熱大陸超大作くらいの実話ドラマなのではないでしょうか。

日本の医療現場を知るためにも今度も視聴を続けていこうと思います!

 

PICUドラマモデル医師植田育也の経歴も調査!

このツイッターの主様が「PICU 小児集中治療室」のモデル医師の植田育也先生です!

とても気さくな先生とのことですが、研修に行った看護師さんからはすごいオーラを感じた。。。という感想もありました。

小児科領域で働いている医師や看護師さん達は知らない人がいないくらいの有名なお医者さんとのことです。

2017年にNHKの番組、プロフェッショナル〜仕事の流儀〜にも出演されていました。

植田育也先生のプロフェッショナルの記事を見る>> 

トレードマークのお髭ですが、過去の患者さんとの約束があり、髭を伸ばしていて、今でも伸ばしながら過ごしているそうです。

先生が2017年時点で助けられなかった命は200人にも登るとのことで、やはりどれだけ尽くしても亡くなってしまうことがある。

その亡くなってしまった子供達の記憶はどんどん先生の中に蓄積されていっているそうです。

一つ一つの命に全力を注いでいる先生だからこそ、言えることなんだと思います。

助けられなかった患者さんの人数とか、訴えられそう、という心配もあって普通公開できませんよね。

できることは全てやってきた先生なんでしょう。

 

PICUドラマモデル医師植田育也先生の経歴

1991年 千葉大学医学部卒業
1991年 千葉大学医学部小児科及び関連病院で一般小児科研修
1994年 米国シンシナティ小児病院 集中治療科フェロー
1997年 米国シンシナティ小児病院 小児科シニアレジデント
1998年 長野県立こども病院 新生児科
2001年 長野県立こども病院 集中治療科副部長
2006年 静岡県立こども病院 小児集中治療センター センター長兼小児集中治療科医長
2015年 埼玉県立小児医療センター 集中治療室・救急 準備担当部長
2016年 埼玉県立小児医療センター 集中治療科長
2018年 埼玉県立小児医療センター 小児救命救急センター 救急診療科長

資格)
米国小児集中治療専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医、日本救急医学会救急科医専門医、日本小児科学会小児科専門医

植田育也先生の詳しい経歴を見る>>

 

PICUドラマモデル医師を知る方々からの称賛の声が多数!

完全オリジナルドラマと言いながら漫画や小説がないだけで、完全にモデルがあったということですね!!!

 

まとめ

今回はPICUドラマは北海道の実話?モデル医師植田育也の経歴も調査!ということでお伝えしてきました!

PICUドラマは北海道の実話?

では北海道での話は実話ではないけど、モデルの先生、植田育也先生の経験と知識がモデルとなったドラマであることをお伝えしてきました!

実際には北海道のPICUのお話と、植田育也先生の経験が織り混ざった内容の医療ドラマであることがわかりました!

PICUドラマモデル医師植田育也の経歴も調査!では埼玉県立小児医療センター小児救命救急センターの植田育也先生がモデル医師となっているということで今までの取材内容が見れるURLなども紹介さえていただきました!

本当に素晴らしい先生ですが、今まで助けられなかった患者さんは200名以上になるとのことです。

実際に助からない場合も多いけど、この人数をご自身で打ち明けられるということは亡くなってしまった患者さんに対しても全力を尽くしたということがわかりますよね!

これからも吉沢亮さん主演のPICUを心して視聴していこうと思います!!!